親の等級を子供が引き継いだ場合

自動車の維持費の中でも保険料は大きなウェイトを占めています。
自動車の保険は強制加入の自賠責保険と任意保険があり、自賠責保険は車の購入時や車検の際に文字通り強制的に支払ます。
一方、任意保険の加入は任意ですが、万一の事故では、賠償額はいくらになるかわからないのでぜひ加入しておきましょう。
 任意保険の加入はぜひしておきたいところですが、保険の内容は”任意”です。対人、対物、搭乗者傷害など、補償の金額と、運転者の家族限定や年齢条件などで保険料を抑えることができます。
 もう一つ、任意保険の金額を大きく左右する仕組みが、等級制度による割引です。最初は6等級からスタートし、保険を使わずに1年たつごとに等級が1つずつ上がり、割引が増える半面、保険を使うと次回は東急が下がって、保険料が高くなります。等級は数字が大きいほどいい等級で、小さい数字は低い評価です。

 配偶者の場合は起居の場所を問わず、その他の親族の場合は同居を条件に等級の引き継ぎが可能です。
 子供が免許を取って車を買った場合で、親の等級は既にいい等級になっている場合、親の等級を子供に譲り、親がまた6等級からスタートすると、トータルの保険料が安くなる場合があります。
 親の保険には年齢条件を設定することができますが、子供の保険には年齢条件を付けられない場合、保険料が割高な、年齢条件なしの保険は割引で、年齢条件を付けた保険では6等級にすれば、全体では節約になるためです。

コメントを受け付けておりません。