親の等級を子供に引き継ぐメリット

車03自動車保険には、ノンフリート等級制度というものが設けられており、無事故で保険会社を利用することがなければ、毎年の更新で等級が徐々に上がり、保険料の割引率が高くなります。初めて自動車保険に加入すると、ノンフリート等級は、9等級から始まるため、保険料も割高になります。

また、自動車保険は、記名被保険者の年齢が若いほど事故リスクが高いと判断され、年齢条件によって被保険者が20代である場合は、保険料の負担が大きくなります。若い人は、実際に運転に慣れていないため、車を擦ったり当てたりといった軽微な自損事故を起こしやすいため、車両保険を付けておくと安心です。

自動車を取得したばかりであったり、被保険者の年齢が若いほど、等級や年齢条件、また車両保険の補償内容の面で割高な保険料を負担しなければなりません。

しかし、高い保険料を負担しなくてもよいように、自動車保険会社には、等級の引き継ぎ制度を設けています。これは、親の等級を子どもに引き継がせることができる仕組みで、この場合、親は新規に任意保険を契約しなければなりませんが、年齢条件や車両保険の内容などを考慮しても、年齢の若い子どもが自動車保険を新規契約するよりも、親が新規契約したほうが割引率が高くなるため、金銭面で非常にメリットがあります。

コメントを受け付けておりません。