等級継承できる条件

自動車保険の等級は積み上げていくと割引率があがっていきます。しかし、自動車保険の契約者の子供などが免許をとって新しく自動車保険に加入すると、等級が低いため保険料は高くなってしまいます。この保険料を安くするためには、等級継承を行うことがとても良いです。
等級を引き継げる条件は、契約者の配偶者、契約者の同居の親族、配偶者の同居の親族、このいずれかにあてはまる場合です。子供はもちろん親族となるのですが、同居していることが条件です。別居している場合は対象になりませんので、同居しているうちに等級の引き継ぎをしておくようにしましょう。等級の引き継ぎを行ってから、独立するなどして別居した場合、等級が変更されたりすることはありませんので、大丈夫です。また、契約者、配偶者の親族も、同居していることが条件なのです。
親の等級を子供に引き継ぐ場合は、親の車と子供の車で車両入れ替えの申請を行い、保険名義を親から子供に変更します。親の車を親名義で新しく任意保険に加入します。
このように、等級の引き継ぎはとても保険料が安くなりますので、良いことが多いのですが、対象者が限られています。同居、別居がポイントとなりますので、注意するようにしましょう。

コメントを受け付けておりません。