等級継承できない場合

???? Vol.83 ?????????自動車を運転するには、距離に応じてガソリンが必要なのはもちろんですが、保険の加入も不可欠です。
自動車の保険は、強制加入の自賠責保険と、任意加入の自動車保険があり、このうち自賠責は、車の購入時と、車検の時にまとめて支払います。購入諸費用や車検の諸費用に含まれるため、保険料を支払っているという自覚が薄い場合も少なくありません。
 そのため、一般に自動車保険といった場合、任意保険を指すことが多いです。
 
 自動車保険の保険料は、対人や搭乗者、車両などの補償金額の上限や、運転者の年齢条件や家族限定などの特約によって保険料が決まりますが、等級制度による割引や割増も特徴です。
 初めて保険に入るときは6等級からスタートし、割引や割増はありません。事故などで保険を使うと等級が下がり、翌年の保険料は割増しになる一方、無事故で過ごせば翌年は東急が上がって保険料が割引になります。

 家族や親族の間では、一定の条件で等級継承が可能です。親が運転をやめて、子供が新しく免許を取った場合などは等級を引き継ぐことで割引を受けることができます。
 契約者との関係が配偶者の場合に限り起居の場所は問いませんが、親族の場合は、子供であっても別居では継承できないので注意しましょう。

コメントを受け付けておりません。